不要品処分の捨てる 方法が難しかったと伺ったお客様の声より

不要品処分・代行このようなお客様よりよりご利用いただいております。

  1. 一人暮らしのため、不要品処分が思うように出来なかった。
  2. 引越しの前日までに不要品処分をしたいと思っていたが、一人暮らしのため、時間が足りずに、また捨て方や方法の判断が難しかったため、翌日に、不要品の処分を依頼した。
  3. 引越しの前日までに不要品の処分をしておきたかった。近くの埼玉県さいたま市周辺の不要処分業者に、依頼をした。
  4. 趣味で集めた本や雑誌を、どうしても処分したくなかった。かなり前から集めていたが、今はほとんど見る機会がない。必要な物を最小に残し処分をした。不要品として処分した今では、部屋の片付けが出来て良かったと思っている。
  5. 引越しの際に持ってきた段ボールが大量にあったが何かの時に使ったり、引越しの際に次回使うこともあると思い残しておいた。部屋が手狭になってきたので不要品処分として考えた。思えば早めに不要品として処分しておけばよかった。
  6. いつかは使う品物と思っていた物は捨て方や方法も考えたが、捨てづらかった。使う機会がないまましばらくそのままにしておいた。部屋を整理しているうちに忘れていた品物が出てきたがもう使うこともないと思い処分した。
  7. 人形やぬいぐるみがかなり多くなってきた。愛着もあり、残しておこうと思っているうちに部屋の収納スペースが限られてきてしまったため、思い切って不要品として処分をした。
  8. ペットボトルや缶の処分に関して、特にペットボトルのラベルまで、剥がす方法や捨て方が、分からずについつい多くなってしまった。
  9. 引越しをすでに済ませているが、部屋に、不要品処理が残ってしまっている。引越しの前日まで梱包作業をしていたために、引越しは無事終わったが、不要品が残ってしまった。
  10. 新聞、雑誌、衣類が多くなりすぎてしまった。

不要品処分・代行

便利屋業務(片付け処分・不用品処分)の「ジョイサービス志木店・埼玉中央店」所在地 鹿島駅前ビル4階

●当社 所在地 鹿島駅前ビル

サービスエリア
さいたま市、志木、富士見、新座、朝霞、和光、大井町、三芳町、戸田、上尾
所沢市、上福岡、川口市、川越市、蕨、狭山、春日部、ふじみ野、鶴ヶ島、清瀬市、
東久留米、鳩ヶ谷、草加、坂戸、東村山、西東京、都下、板橋区、練馬区、杉並区
西武線沿線、東武線沿線、京浜東北線、中央線、大宮、浦和、荻窪
–埼玉県全域・都内周辺のサービスネットワーク–

指定業者 あいおい生命

ゴミ屋敷状態で、部屋のどこから手をつけていいのか分からない、使わないテレビ等の家電も、一気に整理し出来ればさいたま市内周辺の業者に作業を依頼したい・・等。 汚れ屋敷状況でも、解決しますのでお気軽にお問い合せください

ページトップ

■本社・総合受付事業部 埼玉県志木市館2-5-2 鹿島駅前ビル

■所沢収集センター 埼玉県所沢市坂下471-17

ページのトップへ