自分の部屋だけがゴミ屋敷だと思っていませんか?

ゴミと不用品でお困りの方 代行のご相談と処分を行っております。

自分の部屋だけがゴミ屋敷だと思っていませんか?実は皆さん多いんです

ひとり暮しの強い味方といえば、コンビニと終夜営業のスーパーです。

特に都会では、近所には殆どコンビニエンスストアーがあるでしょうから、どうしてもコンビニ弁当にペットボトルがほぼ永久に増え続ける事になります。

マメに処分していけば良いのでしょうが、生ゴミはいいとして、プラスチック製品やアルミ缶などは、生ゴミより回収周期が長いので、捨てるのを忘れてたまっていく事になっています。

ひとり暮しの部屋で散乱している代表格と言えば、コンビニ弁当とペットボトルが二大勢力となっています。

そして、一人暮らしの部屋は、基本的にそれほど広くはないはずです。狭いスペースの中で快適に暮らすためには、当然いかに必要なものと不要なものをうまく分けるかにかかってきます。

一般に、必要でいつも使うものは25%、あまり使わないものが50%、不要なものが25%と言われます。「ただ、そうはいっても片づけられない!」皆さんが持っている共通の悩みです。

また、一人暮らしの狭い部屋では、極力家具は少なくしたいものでが、大抵のワンルームマンションであれば、ベッドとテレビを置いたら、後はデスクを置けるかどうかという状況です。

より空間を利用できるロフト付きの部屋も出回るようになりましたが、それでも狭い事に違いはありません。

最初見た時には、部屋の中がカラッポだったので、なかなか広い部屋だと思ったでしょうが、引越して家具が入った途端、「せ、狭っ!」と思った事でしょう。

いわゆるゴミ屋敷が出来上がる課程で、急速にゴミ屋敷化が進む時期は、この壁や床が見えなくなる頃だと言われています。

特に床が見えないほどモノやゴミが置かれていると、閉塞感から自分自身でゴミ屋敷化したと認識し、それ以上片付ける意欲をどうしても失ってしまいます。

言ってみれば戦意喪失の状態です。ですから、壁や床が常に見えている状態をいかにキープするかが、ゴミ屋敷化を防ぐ最終手段だとも言えます。

ただし,「どうしても部屋の片づけが出来なくなってしまった。」
「今回、引越しをすることになったため、思い切って部屋のなかにある殆どのものを不用品として廃棄して処分したい・・」
この場合片付けのプロと言われている代行業者の助けが必要です。

実際、部屋の中がゴミ屋敷の状態になってしまっているのは、「実は、あなただけではないのです。」多くの方が、ゴミ
不用品の廃棄と処分に困った、早く捨てたい、しばらく悩んでいたり困っているのです。

そういったお客様から、ご要望と代行のご相談をいただいておりますので、必要なことがありましら是非、ご一報ください。

「片付け119番」 一覧へ戻る

指定業者 あいおい生命

■主な業務

さいたま市・川越市・川口 所沢 新座 志木 朝霞市 和光 戸田 蕨 上尾 狭山 ふじみ野 鶴ヶ島 坂戸 草加市 越谷市中心に、ゴミ屋敷の解決のことなら、部屋専門会社の当店にお気軽にお問い合せください。

ゴミ屋敷状態で、部屋のどこから手をつけていいのか分からない、使わないテレビ等の家電も、一気に整理し出来ればさいたま市内周辺の業者に作業を依頼したい・・等。 汚れ屋敷状況でも、解決しますのでお気軽にお問い合せください

ページトップ

■所沢収集センター 埼玉県所沢市坂下471-17

ページのトップへ