所沢市 S.Aさん(女性27歳)

恥ずかしいくらい汚れていたと言われていた所沢のお客様からのご依頼。

所沢市 S.Aさん(女性27歳)

ワンルームの部屋片付け処分の見積り依頼をいただき、埼玉県 所沢市内の現地に出向きました。
場所は西武線 所沢駅から、徒歩10分くらい歩いた住宅街にある築20年位の単身向けのマンションです。

お約束の時間に伺うと玄関前には既にお客様がいらっしゃいました。
20代後半の爽やかな感じがした、1人暮らしの女性のお客様です。

玄関を開ける前に、「自分でも恥ずかしい気持がしていたので片付け業者に、部屋のなかの様子を見てもらうのに戸惑っていたんです・・」と伝えられました。

玄関からは、ゴミが床下から50センチくらい積み上がっていました。レトルト食品、雑誌類、扇風機や加湿器等の家電まで、cd、洋服までありとあらゆる不用品があります。

ロフトにあるものを見て下さいと言われたため、梯子階段を昇り不用品を確認しました。
そこには、未開封の紙袋が200から、300位あり袋の中身を伺ったところ、大半がアウトレットで購入した洋服と紅茶等の食品類だということでした。

3年位前から、新しい洋服を中心に次々と購入されていったそうです。
初めは、クローゼットに収納していたものが、一杯になってしまってから壁に掛ける場所もなくなってしまい、そして最後は床上においていたそうです。

片づけることが億劫になってからは、どんどんと不要品が部屋のなかに積み上がり、最後はゴミの中での生活をされていたと聞きました。

不用品で床が見えなくなってきたと感じてからは、ごみの増える量があっと言う間だったそうです。

部屋片づけ業者の当店に、相談されたきっかけは、部屋に戻っても掃除する気持ちが億劫になってしまい、とにかく全てのゴミを撤去してから、環境を変え引越しをしたいとのことでした。

ご自身では仕事のストレスで一時、買い物依存症になっていたのかもしれないと仰っていました。

「部屋のなかに残っている全ての不要品を捨ててください」と指示をいただき、所沢での作業は4名にて、朝8時から作業に入らせて頂きました。

当初から伺っていましたが洋服だけで45ℓの袋に50位ありました。

作業の途中に何かの水分で汚れてしまった洋服以外に、幾つか高価そうな洋服があったため「これはどうされますか?」と確認したところ、お客様は何か気持ちをふっ切るように、「捨ててください」と言われました。

ペットボトルも多くあり90ℓの袋に20以上、雑誌等を含めると2トントラック2台分の処分となりました。

全てのごみが片付いた部屋を見てお客様から、「もう、二度と同じことを繰り返すことはしません。」でも、片づけられなかった部屋にいたときは、恥ずかしいくらい掃除する気力すら起きなかったのです・・」最後にお聞きしました。

新天地に引越しをして、新たな気持ちでスタートされる。
そんな1人暮らしの方の部屋片付けの代行業者として日々作業を行っています。

(※ 守秘義務の観点から、少し文飾しています)

片付けイメージ

「片付け119番」 一覧へ戻る

指定業者 あいおい生命

■主な業務

ゴミ屋敷になっている部屋を解決します。便利屋。 専門業者の当店に安心してお任せください。

ゴミ屋敷状態で、部屋のどこから手をつけていいのか分からない、使わないテレビ等の家電も、一気に整理し出来ればさいたま市内周辺の業者に作業を依頼したい・・等。 汚れ屋敷状況でも、解決しますのでお気軽にお問い合せください

ページトップ

■所沢収集センター 埼玉県所沢市坂下471-17

ページのトップへ