元ホテルマンが運営するから、安心です    ゴミ屋敷 汚部屋の片付け さいたま市の業者 部屋片付け、不用品回収なら埼玉で23年、単身者専業のジョイサービスへ。

大量なペットボトルの片付け方法を処分業者が解説

大量なペットボトルを処分する方法

ペットボトルは、その使いやすさから私たちの生活に深く根ざしています。ペットボトルは飲み切る必要がなく、保管や持ち運びが容易なため、便利さからつい大量に購入してしまうこともあります。

ただ、その結果として、自宅の中に様々な種類の不要なペットボトルが増え、気づけば処分に頭を悩ませることになるかもしれません。実際、リサイクル可能であるにも関わらず、ペットボトルが大量に溜まり、地域の収集ルールによっては全てを回収できないこともあるからです。

集積所のペットボトル

すると、ときには「ゴミ屋敷」に結びつく状態になることもあります。一人暮らしなどで忙しい方の中には、ゴミ出しなどのスケジュールに合わせることが難しいと、大量に部屋にため込んでしまうことがあるからです。

そこで、ペットボトルを処分する方法や、大量に放置した際のリスクと危険性までお伝えします。もしも自力での解決が難しい場合は、プロの片付け業者に依頼する方法も解説していきます。

サイト運営 責任者
サイト監修者 部屋片付け業者の埼玉中央店 店長 内藤

ペットボトルの捨て方・処分する方法

まずはお住いの地域の自治体に出す方法です。お住まいの地域の自治体ルールに沿ってペットボトルを処分しましょう。

自治体によっては、回収方法なども異なりますが、「PET1」のマークがあるペットボトルを回収基準としている場合が殆どです。自治体によってルールは異なることがあるので、収集する際の基準は、各自治体の家庭ごみ出し概要などで確認する必要がありますが、ここでは一般的な尺度をご紹介します。

ペットボトルの基準とは?「PET1」の表示があるもの

「PET1」の表示マーク

上の写真で、のような表示の中にとあるのが「PET1」マークです。これはペットボトルがリサイクル可能であることを示しています。主に清涼飲料水のボトルに見られ、このマークがあればリサイクルの対象となります。

マークはペットボトルのラベルに表示されているため、分別の際にはこのラベルを確認しましょう。適切な分別は、リサイクルの効率を高め、環境保護にもつながります。

自治体での収集で大量に出すことが難しいことがある

大量のペットボトルを一度に出すことは、自治体によっては収集が難しい場合があります。注意点として、多くの自治体が一日の収集量を定めていることがあるため、大量に処分しようとすると問題が生じることがあります。

そのため、計画的に少しずつ処分することを検討しましょう。

ラベルを剥がし・キャップを外す

リサイクルの過程で重要なのが、ラベルを剥がすことです。「ラベルとキャップ」は、種類的にはプラスチックのため、リサイクル施設で別の処理が必要です。そのため、ペットボトルをリサイクルする前には必ずラベルを取り除いておく必要があります。

ペットボトルのキャップ

リサイクルには、キャップを外すことも重要です。ラベル同様にキャップもプラスチック材質のため、本体とは別な素材として処理されることが一般的です。適切に分別することで、リサイクルの効率を向上させることができます。

中身を抜いて洗い流しておく

ペットボトルをリサイクルする前には、中身を洗い流しておくことが推奨されます。中身の液体を空にして、可能であれば軽く洗浄すると良いでしょう。

汚いペットボトルの捨て方

汚いペットボトルの捨て方、燃えるゴミに出せる?

汚れているペットボトルの捨て方は、自治体のルールによって異なりますが、特に汚れがひどい場合は燃えるゴミとして扱われることがあります。ただし、汚いペットボトルが燃えるゴミとして扱われるかは、居住地によって異なるため、市町村のウェブサイトなどで事前に確認が必要です。

また、一度に燃えるゴミとして出すことは困難になる可能性が高いです。先ほどお伝えした自治体によっては「一日の収集量」に制限があることが多いので、全てを同時に処分しようとすると、回収されないこともあります。

汚いペットボトルの捨て方としては、少しずつ分けて処分することが現実的な解決策です。可能であれば、ペットボトルの内部を清掃し、リサイクル可能なものと燃えるゴミとして分けることが大切です。

ただ、大量の処分には時間と労力がかかるため、場合によっては専門の清掃業者に依頼することを検討するのも一つの方法です。

ペットボトルがゴミ屋敷化した部屋に多い理由

部屋にペットボトルが溜まると、気がつけばゴミ屋敷のような状態になってしまいますね。理想は自治体の収集所に出すことですが、資源ごみの日に合わなかったり、大量すぎて処分に困ってしまうこともあります。

つぶれにくいペットボトル

ゴミ屋敷化した部屋の片付けで特徴的なのは、つぶれにくいペットボトルが部屋を圧迫している光景です。この状況は、誰にでも起こりうるので、けしてあなただけの問題ではありません。

飲みかけ状態でを放置している

日々の忙しさの中で、飲みかけのペットボトルをそのままにしてしまうことは、誰にでも起こり得ることです。最初はたった一本だったものが、知らぬ間に部屋の隅に積み重なり、スペースを占領するようになります。

ペットボトル

このような状況は、時間の経過とともに徐々に進行し、最終的には自分だけの力では解決が困難になることが多いです。

壁際に積まれている

部屋の壁際に積まれたペットボトルは、日常の忙しさに紛れて気付かぬうちに増え続けます。始めは小さな積み重ねでも、時間が経つにつれて徐々にスペースを侵食し、部屋全体を圧迫する原因となります。

この状態が続くと、室内がだんだんと使いにくくなり、生活する上でのストレス源となることもあります。

忙しすぎてゴミを捨てる時間がない(部屋にため込む、袋入り)

ゴミ袋に入れたままのペットボトル

仕事や日々の忙しさから、ゴミを捨てる時間が確保できず、部屋にたまり続けることは、多くの方が直面する問題です。袋に入れて一時的に保管しようとしても、その一時が永遠になりがちで、結果として空間を失ってしまいます。

この状況は、日常の忙しさが原因で、気づかないうちに生じるので、多くの方が同じ悩みを抱えてます。

大量なペットボトルを放置するリスク

ペットボトルを放置するリスクと対策

部屋にペットボトルが大量にたまってしまうと、ただスペースを圧迫するだけでなく、いくつかのリスクも伴います。放置された状況は、健康や安全に悪影響を及ぼすことがあるので、注意が必要です。ここでは、放置するリスクと危険性、それに対する対策についてお話しします。

雑菌の発生

ペットボトル内に残された飲料は時間が経過すると、雑菌の温床となり、悪臭やカビを引き起こします。「糖分」やタンパク質を含む飲料の場合、雑菌の繁殖はさらに加速され、悪臭やカビの問題が顕著になります。

これらの状況は、健康への影響だけではなく、清潔さを大きく損ね、快適な生活空間の質を下げてしまうデメリットがあります。

放置されたことが原因で、アレルギー反応や呼吸器系の問題を引き起こす可能性もありますので、注意が必要です。

炭酸飲料など、内部にガスを含む破裂の危険性

ペットボトルが直射日光や高温環境下で室内に長時間放置されると、材質が劣化し、破裂するリスクが高まります。炭酸飲料など、内部にガスを含む飲料は、時間とともに圧力が増加し、容器の破裂を引き起こすと大変なことになります。

これは、不意の事故や怪我の原因となり得るため、本当に危険です。例えば、破裂し飛散した破片が周囲の物を損傷させたり、怪我をする可能性もあります。

具体的な対策と保存方法

ペットボトルを長期間安全に保管するためには、高温多湿の環境を避け、直射日光の当たらない涼しい場所での保管が推奨されます。炭酸飲料は開封後速やかに消費し、外観を定期的にチェックして傷や亀裂がないか確認することが大切です。

特に冷凍や加熱は容器の損傷や変形を引き起こす可能性があるため、控えることが必要です。これらの対策を講じることで、リスクを最小限に抑え、安全な生活環境を維持するようにしてください。

自力?業者にペットボトルを依頼する判断基準

自力で処分を行うか、プロの業者に依頼するかの判断には、いくつかの基準があります。自身で管理できる量かどうか、そして定期的に撤去できるかが重要なポイントです。

例えば、自力で撤去できるのは、ペットボトルを45リットルのゴミ袋に「20個程度」まで入れられる場合です。
ただ、部屋がペットボトルで溢れて動けないほど、または雑誌・衣類・ゴミなど、と共に飲みかけのペットボトルが散乱し床が見えない状態になっている場合は、片付け専門業者に依頼するのがおすすめです。早めに対処することで、問題を悪化させずに済みます。

大量なペットボトルを片付け業者に依頼する利点

部屋片付け業者を依頼するメリット

大量のペットボトルを処分する際、専門業者に依頼する最大のメリットは、スピーディーな対応です。業者は短時間で大量のゴミも片付けることができるため、ゴミ屋敷状態から迅速に解放されます。

プロの手によって、あっという間に清潔で快適な空間を取り戻すことができるのです。このスピード感は、特にゴミ屋敷状態で圧迫感を感じている人にとって、大きな安心材料となります。専門業者を利用することで、面倒な手間と時間をかけずに問題を解決し、新たなスタートを切ることが可能です。

ゴミの分別まで全て行ってくれる

ゴミ屋敷状態にある大量のペットボトルの片付けを考えるだけで圧倒されるかもしれませんが、専門の片付け業者が分別から処分まで一手に引き受けてくれます。

ゴミ屋敷に直結することが多い、大量なペットボトル

業者はペットボトルだけでなく、その他のゴミも適切に分別してくれるため、自分でどのゴミをどう処理すればいいかを考える必要がありません。

サービスを利用すれば、分別の手間を一切考えることなく、部屋が速やかに片付きます。業者に依頼することで、すぐにでも清潔で整頓された空間を取り戻すことができ、生活の質を向上させることが可能です。

見つからなかった物を探してくれる

部屋が片付かない状況は、大切なものがどこにあるか分からなくなる原因にもなります。ゴミ屋敷状態になると、不要なものが家具周辺にも溜まり、貴重品や大事な思い出の品が見えなくなってしまうことがあるからです。

ゴミ屋敷の片付け

幸いなことに、部屋片付け会社の中には追加料金なしで、スタッフが片付けをしながら「見つからないものを探す」サービスを提供しているところもあります。

事前に、失くしたと思われる物の情報を伝えておけば、片付けのプロが丁寧に探索し、見つけ出してくれる可能性があります。
実際には、年金手帳や鉄道系のカード、時には現金など、大切なものが再発見されるケースも少なくありません。サービスを利用すれば、失われたと諦めていた大事な物を取り戻すことができるかもしれません。

金額のご案内はこちら⇒ 汚部屋の片付け 掃除 費用

まとめ:ペットボトルすっきり処分法

ペットボトルは、適切に処分すれば環境保護にも貢献できるアイテムです。少量なら、プラスチック製のキャップとラベルを剥がして、自治体のゴミ収集所やスーパーに設置されている指定の専用ボックスに持ち込みができます。

ペットボトル集積所

ただ、部屋がペットボトルで溢れているような大量の場合、自分だけでの処理は難しくなります。そんな時、片付け業者に依頼すると、迅速に整理してもらえるだけでなく、適切なリサイクルも実施してくれます。

また、業者の中には、ゴミ袋に入れた状態でラベルが付いていても、中身が空であれば回収してくれるサービスを提供している業者もあります。このように、状況に応じた最適な処理方法を提供する業者を選ぶことが大切です。

お客様のお悩みことはお気軽にご相談ください

結局、ペットボトルの処分は、早めに行うことが大切です。大量にある場合は特に、プロの業者に依頼することで、効率的かつ環境に優しい処理が可能となります。最適な業者を見つけて、清潔で快適な生活空間を取り戻しましょう。早めの行動が、ゴミ屋敷の問題を未然に防ぎ、より良い生活環境を保持する鍵です。

お困りごとやご要望があれば、お気軽にご相談ください。

サイト運営 責任者

汚部屋の片付け業者の埼玉中央店

20年以上の実績。産業廃棄物、粗大ごみ回収・汚部屋のお掃除やハウスクリーニングパックまでご希望に応じた豊富なプランもご用意しています。

TEL 048-471-0840
年中無休 電話受付:平日8:00-20:00 土日祝日9:00-18:00 見積もり無料 時間外メール 24時間 可能 遺品整理サイトも併設。

関連記事コラム一覧:
部屋を片付けると、あなたの人生が変わるきっかけになる!
ゴミが大量で、捨てたいときの処分方法と注意点
ゴミ屋敷 なぜ? ペットボトル回収 練馬区

主な対応エリア:埼玉県さいたま市 南区 桜区 大宮区 浦和区 北区 中央区 緑区 見沼区 、川越市、所沢市 新座 志木 朝霞市 和光市 戸田 蕨 上尾 狭山市 ふじみ野市 鶴ヶ島 坂戸 草加 越谷市 東久留米 清瀬 板橋 練馬区 西東京周辺で作業を行っています。(他の営業地域もお問合せください。)

このような方から多くのご依頼をいただいています。1人暮らしの方・夜勤の多い方・人に気を使う仕事の方 まずは、お電話ください。048-471-0840 受付時間 8:00-20:00(土日祝 9:00-18:00) 時間外の方はこちら

指定業者 あいおい生命

■主な業務
部屋片付け 不用品回収 引越しゴミ片付け処分

ゴミ屋敷状態で、部屋のどこから手をつけていいのか分からない、使わないテレビ等の家電も、一気に整理し出来ればさいたま市内周辺の業者に作業を依頼したい・・等。 汚れ屋敷状況でも、解決しますのでお気軽にお問い合せください

■所沢収集センター 埼玉県所沢市坂下471-17

ページトップへ